眠気を解消する方法ベスト3!強烈に効く眠気覚ましを徹底厳選! | あなたの気になるあのニュース

あなたの気になるあのニュース

ブロガーいせちが、あなたの気になる様々なニュースをお届け!

眠気を解消する方法ベスト3!強烈に効く眠気覚ましを徹底厳選!

time 2016/09/27

「どうしても眠い…。」
「けど、どうしても眠っちゃいけない…。」

そんな時はありませんか?
もしかして、今この記事をお読みの方こそ、そんな状態なのかもしれません。

今回は、強烈な眠気を覚ますベストな方法3選をご紹介したいと思います。
様々な眠気覚ましの方法があるなか、

「これは効く!」
「これなら眠気が覚ませる!」

という方法を、3つ厳選してご紹介!
私の夜勤勤めをしていた頃の実体験から、間違いのない方法をお伝えしていきます。

なお、眠気覚ましには個人差があり、一概に全ての方に効く方法というのはないかもしれません。

しかし、

  • カフェインが効きにくい(効かない)方
  • 何時間寝ても昼間には眠気が襲ってきてしまう方
  • 運転中睡魔に襲われて困っている方

そんな眠気覚ましの方法を求めている方にも効く、そんなベストな眠気覚ましの方法を、今回はご提案します!

sponsored link

眠気を解消する方法1.海外で取り扱われている『錠剤カフェイン』

日本で販売されている眠気覚ましの決定版といえば、『眠眠打破』シリーズや『メガシャキ』シリーズが思い浮かびます。
特に『眠眠打破』シリーズの最強版『激強打破』には、レギュラーコーヒー2.5杯分(150mg)のカフェインが配合されており、これ1本で眠気が吹っ飛ぶという方もいらっしゃいます。

しかし、これらを飲んでもまったく効果がないという方、カフェインに耐性がついている方も、中にはいらっしゃいます。

そんな方には、海外のカフェインサプリメントをおすすめします。

海外規格ですので、(健康を害さない程度に)カフェインが配合されており、その量も日本製のものより豊富!
そのため、

「これなら抜群に効く!」

という方も多くいらっしゃるようです。
ただし、カフェインの効き目には個人差がありますので、海外製の錠剤カフェインを摂取しても眠気がおさまらない方や、さらには体調を崩す方もちらほら…。

くれぐれも、自己責任での摂取をお願い致します!
しかし、眠気解消効果は抜群で、一瞬で眠気が吹き飛びますよ!

ドライブやデスクワークを長時間行っていると、歩行をしない時間が長くなり、体全体の血液の流れが悪くなります。
そのため、重力に従って、足のほうに血液が溜まりやすく、脳の方に血液が送られにくくなります。
すると、脳に酸素が十分送られず、眠気に襲われてしまうのです。

そうならないようにするために、また眠気が襲ってきた時には、

「ちょっとトイレに行ってきます…」

と言って、少しでも歩く時間を作りましょう
ドライブ中の方は、車を降りて、少し外に出てみましょう。

歩くことで、足の血液がポンプのように脳に送られ、自然と眠気が覚めるという仕組みになります。
これが意外と効果があり、眠気も自然に消えていくのでおすすめです。

実際に私は、夜勤でデスクワークをしていた時、よくこの方法を使っていました。

「あいつ何回もトイレ行くなぁ。」

と、当時は疑われていたかもしれませんが、眠るよりはマシですよね…。笑
本当に自然と眠気が解消され、脳がスッキリする感覚がするので、気持ち良く目覚めることができますよ。

なお、その場足踏みだけでは、脳に十分に血液が送られませんので、できるだけ歩くことを心掛けましょうね。

眠気を解消する方法3.十分な睡眠

当たり前の話ですが、睡眠不足によって眠気は引き起こされます。

「そんなのわかってるよ!」

という方もいらっしゃるかもしれませんが、睡眠時間をどうしても確保できないくらい忙しい方以外は、正直、どこかで睡眠時間を削って、『暇つぶし』の時間を作っていたりします
私も、寝る前についついスマホをいじってしまい、

「気づいたら2時間が経っていた…」

なんていうことも、けっこうありましたからね…。

特に、睡眠前のスマホやPCなどで、画面からのブルーライトを浴びると、

  • 睡眠の質
  • 睡眠導入時間

ともに低下し、翌日の覚醒具合にも影響してしまいます。

「今日はよそ事をせず、夜10時には寝る!」

と決め、1日でもしっかりとした睡眠を確保してみましょう
翌日の快適さを実感することで、睡眠に対する考え方が変わるかもしれませんよ。

『眠気を解消する方法ベスト3!強烈に効く眠気覚ましを徹底厳選!』まとめ

『眠気を解消する方法ベスト3!強烈に効く眠気覚ましを徹底厳選!』まとめ

・海外製の錠剤カフェインの摂取
・少しでも歩いて、脳に血液を送る
・十分な睡眠を確保する

 

体が覚醒する仕組みを考えると、これらが3つが、ベストな眠気覚ましの方法だと考えています。
十分な睡眠は、眠気覚ましというより『眠気の予防』になるかと思いますが、眠気を引き起こさないという目的を達成するために、絶対に必要な要素です。

「どうしても眠れない、眠りたくない時間がある!」
「仕事で眠くなってしまう自分をなんとかしたい!」

そんな方は、上記の方法をまず試してみましょう!

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

いせち

いせち

初めまして!いせちです!元看護師としての経歴を持つ、現ブロガー。最近、男2人のルームシェアを始めました。また、日々、うつ病とも格闘しています。日常の気になる出来事や、興味・関心のあるものを、毎日記事に書き起こしています!シェアやコメントなど頂けると嬉しいです!

アーカイブ



sponsored link