あなたの気になるあのニュース

ブロガーいせちが、あなたの気になる様々なニュースをお届け!

インフルエンザの点滴治療薬、『ラピアクタ』の特徴とメリット3選!

time 2016/10/05

毎年流行が拡大する『インフルエンザ』。
インフルエンザに罹ってしまうと、

  • 高熱
  • 頭痛
  • だるさ

などなど、本当に辛いことばかりですよね…。

私も過去に、何度かインフルエンザに罹ったことがありますが、その時は本当に地獄のようでした…。
高熱にうなされ、何もすることができず、歩こうとしてもフラフラ。
食べ物は食べれず、飲み物はスポーツドリンクのみ。

一度インフルエンザに罹ってしまうと、本当に大変な目を見てしまいます。

そんなインフルエンザの治療法には、現在、様々な薬が用いられているのをご存知でしょうか?

  • タミフルなどの内服薬
  • リレンザなどの吸入薬

そして、2010年、ここに新たに、『ラピアクタ』という点滴薬が加わりました。

  • ラピアクタってどんな薬なの?
  • どんなメリットがあるの?
  • デメリットはあるの?

今回は、インフルエンザの点滴治療薬である、『ラピアクタ』ついて解説していきます!
読者様のお辛いインフルエンザの症状や治療に、この記事が一助となれば幸いです。

それでは、さっそくラピアクタの詳細を見ていきましょう!

sponsored link

1.ラピアクタって、どんな薬なの?

ラピアクタは、タミフルやリレンザ同様の、『ノイラミニダーゼ阻害薬』という種類の薬です。
主にインフルエンザの治療薬として、点滴で用いられる薬です。

大人では通常、ラピアクタ300mgを15分以上かけて1回点滴による静脈注射を行います。
小児では通常、10mgを15分以上かけて1回点滴による静注を行います。

1回15分でいいというのは、とても短時間で済んでいいところですよね。
このラピアクタによるインフルエンザの治療が、近年注目され始めているんです。

それでは、このラピアクタには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

2.ラピアクタには、どんなメリットがあるの?

 

ラピアクタのメリットとして、

  • 1回の点滴で、インフルエンザの治療効果が期待できる
  • 点滴による静脈への投与のため、血中へ直接投薬でき、確実に体内に吸収される
  • 新型インフルエンザウイルスにも有効である

などなど、様々な効果を期待することができます。

特に、タミフルやリレンザは5日間内服・吸入しなければいけないのに対し、ラピアクタは1回でいいというところが、突出したメリットではないでしょうか。

そして即効性もあるため、

「今すぐにインフルエンザを治したい!」

という方にもおすすめです。

3.ラピアクタに、デメリットはあるの?

これだけ効果があり、いいイメージしかないラピアクタですが、もちろん、デメリット(欠点)は存在します。

点滴という特性上、病院で一定時間拘束されることが、デメリットのひとつ
もちろん、家で気軽に点滴を行うことはできませんから、その点に関しては、リレンザやタミフルが秀でています。

また、点滴ということは、腕に注射を行うことになります。
そのため、注射が苦手な方や、小さなお子様にとっては、少々厳しい投与方法となります

これらデメリットもあるラピアクタですが、その効果は絶大!

「インフルエンザを確実に治したい!」
「インフルエンザを早く治したい!」

という方には、ぜひおすすめしたい治療法であることには、変わりありません。
ぜひ、インフルエンザの治療の選択肢に、『ラピアクタ』を加えてみてはいかがでしょうか?

『インフルエンザの点滴治療薬、『ラピアクタ』の特徴とメリット3選!』まとめ

『インフルエンザの点滴治療薬、『ラピアクタ』の特徴とメリット3選!』まとめ

・ラピアクタとは、インフルエンザの点滴治療薬
・ラピアクタのメリット3選
・ラピアクタのデメリット2選

 

インフルエンザの治療には、現在、

  • タミフル(内服)
  • リレンザ(吸入)
  • ラピアクタ(点滴)

が用いられ、様々な治療法から自分に合ったものを選べます。

インフルエンザに罹ってしまった場合は、治療薬として、ラピアクタを選択肢に入れてみましょう!

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

いせち

いせち

初めまして!いせちです!元看護師としての経歴を持つ、現ブロガー。最近、男2人のルームシェアを始めました。また、日々、うつ病とも格闘しています。日常の気になる出来事や、興味・関心のあるものを、毎日記事に書き起こしています!シェアやコメントなど頂けると嬉しいです!

アーカイブ



sponsored link