あなたの気になるあのニュース

ブロガーいせちが、あなたの気になる様々なニュースをお届け!

平屋建ての価格は?人気の2LDKや新築のメリットなどを解説っ!

time 2017/01/24

『平屋建て』とは、1階のみで構成される家・住宅のこと。
2階建てなどのほうが、部屋をたくさん造れたりして、なんだか便利そうなイメージがありますが…?

実は、最近、平屋を建てる方が増えてきているんだそうです!
平屋建てには、2階・3階建てと比較して、

  • 移動が楽
  • 風通しが良い
  • 地震などによる危険が少ない
  • マンション住まいの時のように、騒音などを気にしなくても良い

など、様々なメリットがあり、近年、平屋建ての良さが、改めて注目されています。

私の実家は2階建てですが、まず、部屋が余ってます。
さらに、掃除機を2階に持っていかなければいけなかったりするため、掃除も大変。
移動も、急な階段を昇り降りしなければいけないので、多少の危険が伴います。

「平屋建てを建てたい!」

という方は、そんな2階・3階建てのデメリットを排除して、少しでも快適に暮らしたいという方が多くいらっしゃいます。

そこで気になるのが、平屋建ての、『価格』

  • 一体、いくらあれば理想の平屋を建てることができるのか?
  • 間取りに応じた平屋建ての価格は?
  • 平屋建てをリーズナブルに建てることによるメリットは?

などなど、平屋建ての価格に関する情報を、盛り沢山お届けしていきます!
さっそく、平屋建ての価格に関する情報を、チェックしていきましょう!

sponsored link

平屋建ての価格帯は?

理想の平屋を建てるには、一体いくらあれば良いのでしょうか?
個人的に価格が気になったので、今回は、間取り別に価格を調査してみました!

2LDKの場合

2LDKの場合、平屋を建てるだけなら、『1000万円』前後あれば、十分な家を建てることができるようです。
あとは、土地代も別でかかりますが…。

  • 土地を持っているかどうか
  • 建て替えなのか新しく土地を買うのか
  • リフォームなのか

などなど、平屋を建てる状況によって、価格は前後すると言えますね。
ですが、家を建てることだけを考えたら、上記のように、1000万円程あれば、

  • オール電化
  • システムキッチン
  • IHクッキングヒーター

なども備え付けで、素敵な平屋を建てることができるようです!

2LDKの間取りは、2人暮らしの方におすすめです。
特に、子供が自立して、夫婦2人暮らしの方などに人気の間取りと言えるでしょう!

2LDKの価格情報は、

平屋建てで人気の2LDKは意外と安い?

こちらのページに、さらに詳しく記載されています!
平屋建ては、建てるのに意外と価格を抑えられることが、お分かりいただけますよ。

3LDKの場合

3LDKの間取りの場合、価格は、『1200万円』前後
こちらも、土地代を含めるかどうかで、値段は上下します。

3LDK、4LDKと、間取りが増えるに従って、土地にも広さが必要になります。
その分、値段がかさむことを考慮しなければいけません。

3LDKの間取りは、2~3人暮らしのご家族向けと言えます。
2人暮らしで3LDKを建てる場合、間取りにかなり余裕ができます。
平屋でも、とっても快適な暮らしが可能になるでしょう!

4LDKの場合

4LDKの場合、価格は、『1300万円』前後が相場となっているようです。

そもそも、

  • 2LDK
  • 3LDK
  • 4LDK

は、部屋の数が異なるだけ。
間取りが異なるからといって、激しく価格が上下することはないようですね。

それでも、1部屋で考えると、100万円前後は差が出ます。

  • それぞれの間取りにどんなメリットがあるのか?
  • 平屋を建てた後の暮らし方
  • 自分たちの生活スタイル

などを十分に考慮した上で、必要な間取りと価格を考え、平屋を建てることをおすすめします!

平屋建てのメリット・デメリットは?

「平屋建てを建てたい!」

と一言で言うのは簡単ですが、実際に平屋を建てる際は、そのメリットやデメリットを、十分に考慮する必要があります。
家は、人生の中でも高いお買い物のひとつですからね。

そこで、ここでは、平屋建てのメリット・デメリットについて解説!
メリットだけでなく、デメリットもしっかりと熟知した上で、理想の平屋を建ててくださいね!

平屋建てのメリット1.移動が楽

平屋建ての一番のメリットは、『移動が楽』ということ。

「当たり前じゃん!」

とお思いかもしれませんが、これが意外と大きなメリットでもあるんです。

2階建て・3階建てをお持ちの方ならお分かりかと思いますが、階を移動するのは、思ったよりもキツい運動…。
急な階段であればあるほど、危険も高まりますし、足腰にも負担がかかります。

平屋建ては、そのようなデメリットを完全排除!
部屋から部屋の移動がスムーズで、老若男女問わず、暮らしやすい家になります。

また、掃除もとっても楽!
特に、掃除機をかける時は、1階から2階へ掃除機を持って行かなくてもよくなります。
掃除がしやすくなり、家を綺麗な状態に保ちやすいというメリットもありますね。

平屋建てのメリット2.自然災害に強い

  • 台風
  • 地震

などの自然災害は、日本では、ごく普通に起こり得ること。
しかし、一度大地震や巨大台風が発生してしまうと、それこそ命に関わる事態にもなりかねません。

平屋建ては、建物の高さが2・3階建てよりも低く、台風の影響を受けづらい構造をしています。
また、地震に対しても、

  • 建物の重心が安定している
  • 2階がないことで建物が崩れる心配も少ない

など、安心・安全な家を造ることができます。

いざという時には命に関わる自然災害も、平屋建てなら、より安心してやり過ごすことができますね。

平屋建てのメリット3.リフォーム・メンテナンスがしやすい

歳を重ねてくると、家をバリアフリー化したり、より住みやすくリフォームしたくなるもの。
そんな時でも、平屋建てなら、リフォーム・メンテナンスがしやすく、費用も抑えられるというメリットもあります!

高齢になればなるほど、2階・3階建ての家は、住みづらくなります。
私の祖父・祖母の家も平屋建てですが、転倒や転落の心配がなく、その点はとても安心できます。

住み心地が良いだけでなく、長く安心して家に住めるメリットも、平屋建てにはあるんですね。

一方、平屋建てには、メリットだけでなく、デメリットもいくつか存在します。
メリットばかりでなく、デメリットについてもしっかり吟味してこそ、理想の平屋が建てられるというもの。
ここでは、そんな平屋の欠点についても、解説していきます。

平屋建てのデメリット1.建てる際、土地の広さが必要になる

2階建ての家と違い、平屋は1階に全ての部屋が集約します。
そのため、ある程度の土地の広さがないと、そもそも理想の平屋を建てることも難しくなってしまいます。

既に土地をお持ちの場合は、その土地に合わせた平屋を建てざるを得ません。
2階建ての家よりも、理想の家を建てづらいという点が、デメリットになりますね。

平屋建てのデメリット2.防犯対策をしっかりとしなければいけない

平屋建ては、どの部屋からも、泥棒が侵入してくる可能性があります。
最近の泥棒は、2階からも侵入するケースもあるようですが…。

2階建てなどよりも、防犯対策をしっかりと構築しなければいけないのは確かです。
家を建てる際には、防犯対策を事前に施しておきましょう。

平屋建てのデメリット3.1人になるのが難しい

2階建て・3階建ての住宅であれば、プライベート空間を確保しやすいというメリットを享受することができます。
一方、平屋建ての場合、すぐ近くに主人・妻・子供・親などがいたりして、プライベート空間が確保しづらいというデメリットも…。

平屋を建てる際には、事前にプライベート空間が確保できるような間取りを検討したほうが良さそうですね。

『平屋建ての価格は?人気の2LDKや新築のメリットなどを解説っ!』まとめ

『平屋建ての価格は?人気の2LDKや新築のメリットなどを解説っ!』まとめ

・2LDKの価格『1000万円前後』
・3LDKの価格『1200万円前後』
・4LDKの価格『1300万円前後』
・平屋建てのメリット『移動が楽』『自然災害に強い』『リフォーム、メンテナンスがしやすい』
・平屋建てのデメリット『建てる際の土地の広さ』『防犯対策』『プライベート空間の確保が難しい』

 

平屋建ての価格から、平屋建てのメリット・デメリットなどについても解説をしてきました!
これから平屋を建てることを検討されている方は、これらの情報を参考に、ぜひ素敵な家を建ててくださいね!

また、価格に関しては、土地代を含めていませんので、お間違いの無いように!
既に土地を持っているかどうかで、価格はかなり変動します。

良い家造りは、良い土地から!
家自体の価格だけでなく、土地についても、考慮するようにしましょうね。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

いせち

いせち

初めまして!いせちです!元看護師としての経歴を持つ、現ブロガー。最近、男2人のルームシェアを始めました。また、日々、うつ病とも格闘しています。日常の気になる出来事や、興味・関心のあるものを、毎日記事に書き起こしています!シェアやコメントなど頂けると嬉しいです!

アーカイブ



sponsored link