あなたの気になるあのニュース

ブロガーいせちが、あなたの気になる様々なニュースをお届け!

コーヒーで喘息予防!コーヒーと喘息の3つの関係性

time 2016/12/06

sponsored link

喘息の症状で息が苦しい…そんな時にはコーヒーが効果的!?

「夜や早朝に激しく咳き込んでしまう…」
「息が苦しくてなかなか寝付けない…」
「息がゼーゼーしていることがある…」

喘息で苦しいときって、よくありますよね。

今回は、コーヒーと喘息の関係性について。
コーヒーと喘息って、一見関係ないように思えますが、果たして…?

  • コーヒーと喘息の関係性
  • コーヒーは喘息に効果があるのか?
  • コーヒーの正しい飲み方

などなど、コーヒーと喘息をテーマに、様々な角度からアプローチしていきたいと思います!

喘息にコーヒーは効果的!

コーヒーはその昔、喘息の予防薬として使われていたこともあります。
蛇足ですが、1859年に、カフェインが喘息治療に効果的であるという事実が明らかになりました。

コーヒーに含まれる『カフェイン』には、自律神経の一種である『交感神経』に作用する働きがあります。
交感神経とは、心身を興奮させたり、活動的にするために働く神経のこと。

喘息の発作は、交感神経が働いている時は起こりにくいという傾向があります。
逆に、リラックスしたり、眠っている時などには『副交感神経』が優位になりますので、喘息の発作が出やすくなります。
夜や早朝に発作が出やすいのはこれが理由なんですね。

コーヒーに含まれるカフェインの効果で交感神経を興奮させることができれば、喘息の発作の発生を軽減することができるという仕組みです。

また、カフェインは気管支を拡張させる効果があります。
カフェインは、気管支喘息や気管支炎の治療に用いられる『テオフィリン』と似た分子構造をしています。
テオフィリンは、気管支を拡張させる効果をもっており、これによって呼吸が楽になるんですね。

カフェインも、『テオフィリンと似た分子構造』=『気管支拡張作用』をもたらしてくれます。
このため、コーヒー飲むことで、気管支を拡張させ、呼吸を楽にすることができるのです。

明け方に発作が出やすい方は、コーヒーでは対処のしようがないのですが…
夜の発作を防ぐためにコーヒーを飲むことは、とてもおすすめされる飲み方と言えるでしょう!

一方、飲み方には注意点も…

コーヒーが喘息に効果的とはいえ、飲み方にはいくつかの注意点があります。
コーヒーの喘息に対する効果を最大限受けるためにも、正しくコーヒーを摂取しましょう。

コーヒーが喘息に効くのは『予防』のみ…?

コーヒーが喘息に効くのは、あくまで喘息の初期症状時や、喘息を予防したい時のみ。
喘息発作が起こってしまってからでは、コーヒーを飲んでも期待される効果は得られません。

喘息は、医師から処方された処置薬や予防薬を用いて、できるだけ喘息が起こらないようにすることで治療が進んでいきます。
発作が起こってしまった場合には、医師に処方してもらった薬が最も効果的。

コーヒーはあくまで補助の補助と考え、発作時には喘息の薬を正しく服用するようにしましょう。

喘息の薬を処方されている方は、コーヒーの飲み方に注意!

コーヒーはあくまで補助の補助、とされるもうひとつの理由があります。
それは、喘息の薬と分子構造が似ているという、先ほどの解説とも繋がります。

喘息の治療をしている方は、テオフィリンを治療薬として使用している方が多いかと思います。
テオフィリンの使用上の注意書きを見てみると、『カフェインとの同時摂取は禁止』と書かれているかと思います。

カフェインとテオフィリンは、その分子構造・化学式が似ていることから、代謝経路が共通しています。
コーヒーを飲みすぎ、カフェインを摂取しすぎると、テオフィリンの体内分解・代謝・排出が滞り、血中濃度が上昇します。

これにより、『カフェイン中毒』にも似た症状を引き起こしてしまう可能性があるのです。

そのため、喘息の薬を服用したときは、コーヒーを一緒に飲まないことを徹底しましょう。

どうしてもコーヒーが飲みたい!そんな時は…?

  • 仕事に集中するため
  • リラックスするため
  • 娯楽のため

様々な理由で、「どうしてもコーヒーを飲みたい!」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時は、自身の判断のみで喘息治療薬の内服を中止したり、コーヒーを自己判断で飲んだりしないこと。
必ずかかりつけ医師の指示を仰ぎましょう。

あなたの生活リズムや生活スタイルに合わせた指示をしてくれるはずですから、コーヒーの飲み方に対しても、適切なアドバイスをしてくれるはずです。

カフェインは基本的に、薬との相性があまり良くありません。
興奮作用をもたらしたり、摂取しすぎると依存性をもたらす『刺激物』ですから、カフェインの含まれるコーヒーの摂取は、喘息持ちの方は特に注意が必要です。

必ず医師の指示を仰ぎ、勝手に治療薬の服用を中止したり、コーヒーを飲んだりしないよう、十分に注意してくださいね!

『コーヒーで喘息予防!コーヒーと喘息の3つの関係性』まとめ

『コーヒーで喘息予防!コーヒーと喘息の3つの関係性』まとめ

・喘息にコーヒーは効果的な飲み物!
・一方、飲み方には注意点もいくつか…
・どうしてもコーヒーが飲みたい!そんな時は…?

 

コーヒーと喘息の関係性についてお話をしてきました!

たしかにコーヒーは喘息に効果的ですが、それはあくまで予防のみ。
喘息の発作が起こってしまった時は、処方された薬を正しく飲むことが重要です。

カフェインとテオフィリンの関係にも注意しつつ、医師の指示を受け、コーヒーを楽しみましょう!

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

いせち

いせち

初めまして!いせちです!元看護師としての経歴を持つ、現ブロガー。最近、男2人のルームシェアを始めました。また、日々、うつ病とも格闘しています。日常の気になる出来事や、興味・関心のあるものを、毎日記事に書き起こしています!シェアやコメントなど頂けると嬉しいです!

当サイト人気記事一覧!

まだデータがありません。

アーカイブ



sponsored link