コーヒーは冷え性に効果的?コーヒーと冷え性の3つの関係性 | あなたの気になるあのニュース

あなたの気になるあのニュース

ブロガーいせちが、あなたの気になる様々なニュースをお届け!

コーヒーは冷え性に効果的?コーヒーと冷え性の3つの関係性

time 2016/12/05

sponsored link

コーヒーは体を冷やす?それとも温める?

コーヒー大好き、いせちです!
今回は、コーヒーと冷え性の関係性についてお話したいと思います。

寒い冬や体が冷えて仕方のないとき、温かいコーヒーで心も体もポカポカしたい時ってありますよね。
ですが、「コーヒーは体を冷やすから飲まない方がいい!」なんて説も…。

「いったいどっちなんだ!?」ということで、コーヒーと冷え性の関係性について記事にしてみようと思います。

果たしてコーヒーは冷え性改善に効果があるのか?
それとも…?

コーヒーは、冷え性の改善に効果『あり』!

体を冷やすイメージのあるコーヒー。
東洋医学では『体を冷やす飲み物』とされています。
しかしコーヒーは、冷え性の改善に効果的であることが近年わかってきました!

コーヒーに含まれる『カフェイン』には、『血行促進効果』があります。
この血行促進効果によって、血液が足先まで行き渡るようになり、温かいと感じるようになるのです。

カフェインが体を冷やすという側面もたしかにあるのですが、それはコーヒーの『飲み方』が関係しているようです。

体を冷やさないためのコーヒーの飲み方とは?

冷え性を改善するためのコーヒーの飲み方は、『適量を守り、ホットコーヒーで飲むこと』です!

飲みすぎは、逆に冷え性を悪化させる原因となります。
また、アイスコーヒーでは物理的に体が冷えてしまい、カフェインの効果をもってしても冷え性を改善させることはできません…。

冷え性の方は、しっかりと適量を守り、温かいコーヒーを飲むようにしましょう。

コーヒーと冷え性の関係性について

それでは、詳しい内容に踏み込んでみましょう。
コーヒーと冷え性の関係性について、メカニズム的な視点からお話をしたいと思います。

なぜコーヒーは冷え性を悪化させると言われてきたのか?
なぜコーヒーは冷え性を改善する効果が期待できるのか?

できるだけわかりやすく書いていきたいと思います。笑

1.コーヒーに含まれる砂糖やミルクに注目

コーヒーが体を冷やすと言われてきた原因のひとつは、『砂糖やミルク(糖分)』にあります。

糖分を一気に摂取しすぎると、血糖値が急激に上昇します。
すると、上がりすぎた血糖値を正常値に戻そうと、血糖値を下げるために『インスリン』が大量に分泌されます。

インスリンが過剰に分泌されることで、急激に血糖値が低下します。
この血糖値の低下は、『体温の低下』も引き起こしてしまうため、コーヒーを飲むと冷え性に繋がると言われてきたのだと思われます。

体を冷やさないようにするには、

  • 砂糖の変わりにハチミツやメープルシロップなどを入れること
  • ブラックコーヒーで飲むこと
  • 缶コーヒーではなく、直接焙煎させたコーヒーを飲むと

などがおすすめ。
特に缶コーヒーには、角砂糖およそ3個分の糖分が含まれているという計算が出ているため、ホットであっても体を冷やしかねません。

体を冷やさないようなコーヒーの飲み方を心掛けましょう!

2.カフェインの利尿作用に注目

カフェインには、尿を積極的に作り出し、体外に排出させようとする『利尿作用』があります。
この水分の排出によって、体内の熱も一緒に体外へ追い出されてしまうため、体が冷えてしまうという仕組みです。

たとえホットコーヒーであっても、カフェインを摂取すれば利尿作用は働きます。
一時的に体が温まったとしても、だんだんと体が冷え、冷え性に繋がることが心配されます。

少量のコーヒーであれば、利尿作用が過剰に働くことはありません。
しかし、カフェインの吸収には個人差がありますので、自身の体調によって、コーヒーの量を調節するようにしましょう。

3.カフェインの自律神経調節機能に注目

カフェインは、適量を摂取すれば、『ドーパミン』『ノルアドレナリン』『セロトニン』など、やる気や多幸感を与えてくれるホルモンを放出してくれます。
しかし、カフェインを過剰摂取してしまうと、余計に交感神経を刺激し、『自律神経』のバランスを崩してしまいます。

交感神経が優位になると、血管が収縮し、血液は筋肉へ流れ込むようになります。
そのため、内蔵などへの血液供給が滞ってしまいます。

このような状態が長く続くと、体は『血行不良』の状態となり、冷え性を招く結果となってしまうのです。

この状態を防ぐには、『コーヒーの過剰摂取に気をつける』こと。

自律神経に異常が生じるほど飲み過ぎなければ、コーヒーは体に良い飲み物です。
コーヒーは、100mlのコーヒーカップで計算して、1日6杯程度が適量とされています。

必ず適量を守って、正しくコーヒーを飲みましょう。

『コーヒーは冷え性に効果的?コーヒーと冷え性の3つの関係性』まとめ

『コーヒーは冷え性に効果的?コーヒーと冷え性の3つの関係性』まとめ

・コーヒーは冷え性の改善に効果あり!
・体を冷やさないコーヒーの飲み方に気をつける
・コーヒーと冷え性の関係性『糖分』『利尿作用』『自律神経調節機能』

 

コーヒーと冷え性の関係性についてお話をしてきました!
コーヒーは冷え性に効果的な飲み物ではありますが、飲みすぎは逆効果になるので注意が必要ですね。

コーヒーを正しく飲んで、冷え性を改善しましょう!

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

いせち

いせち

初めまして!いせちです!元看護師としての経歴を持つ、現ブロガー。最近、男2人のルームシェアを始めました。また、日々、うつ病とも格闘しています。日常の気になる出来事や、興味・関心のあるものを、毎日記事に書き起こしています!シェアやコメントなど頂けると嬉しいです!

アーカイブ



sponsored link