あなたの気になるあのニュース

ブロガーいせちが、あなたの気になる様々なニュースをお届け!

コーヒーは美容に良いor悪い?コーヒーと美容の3つの関係性

time 2016/12/12

sponsored link

コーヒーは美容に良いのか悪いのか…一体どっち?

コーヒーには、カフェインやポリフェノールなど様々な成分が含まれています。
このイメージから、美容に『良い』イメージを持たれている方もいます。

一方、コーヒーの独特の苦味や色などから、コーヒーを敬遠。
コーヒーは美容に『悪い』んじゃないか、というイメージもあることでしょう。

今回は、コーヒーと美容の関係性についてお話をしたいと思います!

  • コーヒーは美容に良い効果をもたらすのか?
  • それとも悪い効果をもたらすのか?
  • 良いor悪い効果をもたらす理由とは?

などなど、あなたの気になるコーヒーと美容について徹底解説!

コーヒーは、美容に『良い』飲み物だった!?

なんとなく、体にも美容にも悪いイメージのあるコーヒー。
しかし、最近の研究では、コーヒーは、体にも美容にも『良い』飲み物であることが明らかになってきました!

コーヒーが美容に良い理由とは?

では、コーヒーはなぜ美容に効果的なのでしょうか?
ひとつずつ、その理由を探っていきましょう!

1.ポリフェノールによる美白肌作用

コーヒーには、『クロロゲン酸』と呼ばれるポリフェノールが豊富に含まれています。
その量はなんと、カフェインより多く含まれているそう!
カフェインのイメージのあるコーヒーですが、実はポリフェノールのほうが、成分が多く含まれているんですね。

このクロロゲン酸が、紫外線などによる『活性酸素』の発生を予防し、メラニン色素が作られるのを防いでくれます。
コーヒーを飲んでいる人は、このクロロゲン酸によって、シミが少ないお肌が作られているのです!

このシミ対策効果は、神戸大学の市橋名誉教授率いる研究チームが行った実験により、確かな効果が確認されています。
また、お茶の水大学の近藤和雄教授ら率いる研究チームにより、コーヒーを飲む人ほどシミの量が少ないことも証明されました。

また、コーヒーを毎日2杯以上飲んでいる方は、コーヒーをほとんど飲まない方に比べて、シミが少ないという結果も。
コーヒーは、気になるお肌のシミ対策に役立ってくれているんですね。

効果的なコーヒーの飲み方

研究結果から明らかになったとおり、1日2杯を心がけると良いでしょう。

また、ポリフェノールは、体内で3~4時間程度効果が持続すると言われています。
そのため、こまめにコーヒーを摂取することで、ポリフェノールによる美容効果を、より効果的に得ることができます。

しかし、飲みすぎには注意が必要!

コーヒーに含まれるカフェインには、シミの原因であるメラニンを移動・拡散させる作用があります。
そのため、肌の『色素沈着』を促進させてしまう恐れも。

このため、美容のためにコーヒーを飲む場合、1日2~3杯を心がけるようにしましょう。
3杯程度であれば、カフェインの摂取しすぎということもなく、安心してお飲みいただけます!

2.リパーゼによるダイエット効果

コーヒーに含まれるカフェインには、『リパーゼ』と呼ばれる消化酵素が含まれています。
このリパーゼには、脂肪を分解する作用があります。
リパーゼが、体内に蓄積された余分な脂肪を分解し、血中に『脂肪酸』として放出してくれる効果があります。

そのため、余計な脂肪は血中に溶け出し、体の栄養となったり体外に排出されたりします。
このメカニズムのおかげで、カフェインがダイエット効果をもたらしてくれるんですね。

そのため、運動前などにコーヒーを飲むと、脂肪分解がさらに促進され、より効果的にダイエットを行うことができます!

また、クロロゲン酸にも脂肪分解を促進する効果が含まれているため、リパーゼとクロロゲン酸の相乗効果により、さらに脂肪を分解!
痩せやすい体作りをすることができるのです。

3.利尿作用によるむくみの解消

カフェインには、体内の水分を、尿として積極的に体外へ放出する『利尿作用』があります。
この利尿作用は、むくみの原因である水分や、体に溜まった老廃物などを、体外へ排出してくれる効果もあります!

むくみは、体重以上に太って見えてしまう原因…。
利尿作用により、むくみの原因を積極的に取り除き、シャープな体を作りましょう!

4.香り成分によるリラックス効果

淹れたてのコーヒーの香りには、心身をリラックスさせる『香り成分』が含まれています。
コーヒーの香りには、『α波(リラックス時に発生する脳波)』を発生させ、心身を脳からリラックスさせてくれます。

しかし、コーヒーの香りがα波を発生させる時間は、淹れてからわずか5分間のみ。
つまり、淹れたて5分の香りでリラックス効果を心身にもたらすか、淹れている途中の香りを楽しむことで、心を落ち着けることができるとされています。

私は毎日カフェへ通っているのですが、淹れたてのコーヒーをすぐには飲まず、まず香りを楽しみます。笑
不思議と心が落ち着き、幸せな気持ちになることができます。

コーヒーを淹れたり飲んだりしている時、イライラしている人ってあんまり見かけないですよね?
むしろコーヒーは、リラックスしている時に飲む飲み物、というイメージがあるかと思います。

コーヒーの香りにも、このようなリラックス作用をもたらしてくれる効果が含まれているんですね。

また、リラックス効果があることから、ストレスの低減にも効果が期待されます。
そのため、ストレスが原因による肌荒れやニキビなど、様々なストレスによる害を除去。
健康的に美容効果が得られます。

コーヒーは、美容に悪い効果をもたらすのか?

先ほど、コーヒーの飲みすぎはシミを増加させる原因となる、というお話をしました。

コーヒーを正しく摂取すれば、美容に有害な作用はもたらさないとされています。
しかし、コーヒーを『飲みすぎ』てしまうことで、シミの増加のような、美容に悪い効果をもたらしてしまうことがあります。

コーヒーは、何杯目からが飲みすぎなの?

コーヒーの成分のなかでも、飲みすぎで害を及ぼすのは『カフェイン』です。
カフェインは、1日の摂取量の上限が定められています。

アメリカ食品医薬品局(FDA)のガイドラインによると、カフェインの1日あたりの摂取量の上限は、約『400mg』とのこと。
この400mgを超えてしまうと、美容に悪い作用をもたらすほか、健康にも様々な害を与えてしまいかねません。

コーヒー1杯(100ml)には、およそ『60mg』のカフェインが含まれているとされています。
ここから、コーヒーの1日の摂取量の上限を割り出すと、

400÷60=6.6666666…

つまり、1日あたり、およそ『6杯(600ml)』が、コーヒーの摂取量の上限となります。

しかしカフェインは、コーヒーだけに含まれる成分ではありません。
コーヒーの他にも、

  • 玉露
  • 紅茶
  • 緑茶
  • コーラ
  • 栄養ドリンク

などなど。
様々な飲料に含まれていますので、注意しましょう。

さらに注意したいことは、

  • エスプレッソ
  • ドリップ
  • インスタント

など、コーヒーの挽き方や種類によっても、カフェイン含有量は異なります。
コーヒーを日常的に飲まれる方は、各挽き方やコーヒーの種類にも注意したいところです。

心配な方は、毎日のコーヒーを2~3杯までに抑えるなど、工夫をされる良いでしょう。

『コーヒーは美容に良いor悪い?コーヒーと美容の3つの関係性』まとめ

『コーヒーは美容に良いor悪い?コーヒーと美容の3つの関係性』まとめ

・コーヒーは、美容に良い飲み物!
・コーヒーが美容に良い理由『ポリフェノールによる美肌作用』『リパーゼによるダイエット効果』『利尿作用によるむくみの解消』『香り成分によるリラックス効果』
・コーヒーは、飲みすぎると美容に悪い!

 

コーヒーの美容に関するお話をしてきました!

コーヒーは、飲み過ぎなければ、美容にも健康にも良い飲み物です。
今まで美容や健康に悪いイメージがあった方も、これをきっかけに良いイメージに変わってくれると嬉しいのですが…笑

コーヒーの美容作用を効果的に活用して、健康的に綺麗な体を目指しましょう!

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

いせち

いせち

初めまして!いせちです!元看護師としての経歴を持つ、現ブロガー。最近、男2人のルームシェアを始めました。また、日々、うつ病とも格闘しています。日常の気になる出来事や、興味・関心のあるものを、毎日記事に書き起こしています!シェアやコメントなど頂けると嬉しいです!

当サイト人気記事一覧!

まだデータがありません。

アーカイブ



sponsored link