あなたの気になるあのニュース

ブロガーいせちが、あなたの気になる様々なニュースをお届け!

コーヒーにはアロマ効果がある!?コーヒーがもたらすアロマ効果3選

time 2016/12/15

sponsored link

コーヒーにはアロマ効果があるって、ホント!?

コーヒーの香りを嗅ぐと、なんだかリラックスしたり、落ち着いたりすることができますよね。
実は、コーヒーの香りには、確かなアロマ効果があるとされているって、知っていましたか?

今回は、コーヒーとアロマ効果の関係性についてのお話!

  • コーヒーには本当にアロマ効果があるのか?
  • どんなアロマ効果をもたらしてくれるのか?
  • アロマ効果を効果的に活用するには、どうすればいいの?

などなど、あなたの気になるコーヒーとアロマ・香りの事柄について、徹底解説していきたいと思います!
コーヒーのアロマ効果を効果的に活かし、香りを十二分に楽しみましょう!

コーヒーの香りは、人の脳に良い影響を与える!?

あなたも、コーヒーの香りを嗅いで、心が落ち着いたり、リラックスできたという経験はありませんか?
コーヒーの香り成分は、人の脳を活性化、もしくはリラックスさせるという、良い効果をもたらしてくれるとされています。

実際に、コーヒーのアロマ効果を実験・検証した報告があります。

1.α波(リラックスした時に出る脳波)の検証

杏林大学医学部、古賀良彦教授ら率いる研究チームが、コーヒーのアロマ効果に関する実験を行いました。
その実験では、20代女性10人の被験者の頭に小さな電極を貼り、コーヒーの香りを嗅いだ時の脳波を調べるというもの。

特に着目した脳波は、『α波』。
α波とは、脳がリラックスした時に現れる、特徴的な脳波のこと。
このα波が、コーヒーの香りを嗅いだ時にどれくらい現れるか、という実験・検証を行ったということです。

コーヒー豆は、それぞれの豆が持つアロマ効果を比較するため、

  • ブラジルサントス
  • グァテマラ
  • ブルーマウンテン
  • モカマタリ
  • マンデリン
  • ハワイコナ

の6種類を用意。
それぞれ、中挽きしたコーヒー豆を90℃の熱湯で抽出し、実験を行いました。

その結果、

  • 『グァテマラ』と『ブルーマウンテン』には、強いリラックス効果がある
  • 『マンデリン』と『ハワイコナ』には、α波があまり見られなかった

ということがわかりました。

さすが、お値段もそこそこ高いコーヒー豆。
香り成分にも、確かなアロマ効果があることが立証されました。笑

つまり、この研究からわかることは、

  • コーヒーには、たしかにアロマ効果がある
  • しかし、豆の種類によってアロマ効果の程度は異なる
  • 最もアロマ効果が高いコーヒー豆は、『ブルーマウンテン』『グァテマラ』

ということに。
コーヒーの香りを楽しむには、ブルーマウンテンやグァテマラを活用すると良さそうですね。

2.P300(集中力・情報処理能力を司る脳波)の検証

もうひとつ、古賀教授が注目した脳波は、『P300』。
これは、人の集中度を図る指標としても使われ、相手や周囲の情報を処理する際に活発に発生する脳波のことを言います。

この実験では、コーヒー豆は先ほどと同様、6種類の豆を使用しましたが、実験内容が異なります。
実験内容は、

  • 低い音に混じって高い音が聞こえたら、なるべく早くボタンを押す

というもの。
つまり、継続した集中力が試される実験と言えます。

その結果、

  • 『ハワイコナ』『マンデリン』『ブラジルサントス』は、高い情報処理能力をもたらす
  • 『グァテマラ』『モカマタリ』『ブルーマウンテン』は、情報処理速度が遅れる

という結果となりました。
先ほどの『α波』とは逆の結果をもたらすこととなりました。

つまり、先ほどの研究と合わせてわかることは、

  • ハワイコナ、マンデリン、ブラジルサントスは、脳の働きを活発化させ、集中力を増す効果が期待できる
  • グァテマラ、ブルーマウンテンは、リラックス効果をもたらす
  • コーヒー豆の種類によって、『集中力向上』『リラックス効果』に分かれる

ということ。
勉強や作業に集中したい時は、ハワイコナやマンデリンなどのアロマ効果を活用すると良いでしょう。
コーヒー豆の種類によっても違いが生じることも、結果としては驚きです。

コーヒーの香りは、アンチエイジングにも効果的!?

コーヒーの香りには、約300種類もの、『抗酸化作用』をもたらす物質が含まれているとされています。
抗酸化作用とは、細胞の酸化(老化)を防ぐ作用のこと。
抗酸化作用が働くことで、細胞の老化が予防でき、内臓器官や肌などを若い状態に保つ、『アンチエイジング』効果が期待できるとされています。

抗酸化作用がもたらすアンチエイジング効果によって、

  • 肌のシミ、シワなどの美容
  • 動脈硬化やがんなどの生活習慣病

に効果があるとされています。

ただし、このアンチエイジング効果があるのは、『挽きたて』のコーヒーに限るという報告も。
特に、挽いてから『5分間』の香りに、抗酸化物質が豊富に含まれているとされています。

そのため、コーヒーの香りで抗酸化作用をもたらすには、挽きたての香りを楽しむことが大切!
缶コーヒーなどではなく、自分でコーヒーをドリップすることで、より効果を実感できそうですね。

『コーヒーにはアロマ効果がある!?コーヒーがもたらすアロマ効果3選』まとめ

『コーヒーにはアロマ効果がある!?コーヒーがもたらすアロマ効果3選』まとめ

・コーヒーの香りは、『リラックス効果』『集中力向上効果』をもたらしてくれる
・コーヒー豆によってアロマ効果が異なるため、豆の使い分けが大切!
・コーヒーの香りは、アンチエイジングにも効果的!

 

コーヒーとアロマの関係性についてお話をしてきました!

コーヒーの香りには、確かにアロマ効果がありましたが、豆の種類によって効果が異なるという結果には驚きました!
リラックスしたいとき、集中したいときなど、コーヒー豆を使い分けできると、より効果的にアロマ効果を享受することができそうですね。

これをきっかけに、コーヒーを飲んで楽しむだけでなく、コーヒーの香りも楽しんでみましょう!

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

いせち

いせち

初めまして!いせちです!元看護師としての経歴を持つ、現ブロガー。最近、男2人のルームシェアを始めました。また、日々、うつ病とも格闘しています。日常の気になる出来事や、興味・関心のあるものを、毎日記事に書き起こしています!シェアやコメントなど頂けると嬉しいです!

当サイト人気記事一覧!

まだデータがありません。

アーカイブ



sponsored link